今大人気のカーボン製電動キックボードご存知ですか?世界初のカーボン製電動キックボードJACKHOT(ジャックホット)と、ミニセグウェイで大人気のKINTONEが出す最新のカーボン製電動キックボードKINTONE AIR(キントーンエアー)です。

両方ともカーボン製電動キックボードですが、この2つの商品どちらがいいのか?どこがどう違うのか?そんな疑問を解決するために、JACKHOTとKINTONE AIRを徹底的に比較してみました!

それぞれの詳細スペックは別記事でまとめていますので、そちらも合わせてご覧ください。

一番入れている電動キックボードKINTONE AIR→「KINTONE AIR詳細記事」

世界初のカーボン製電動キックボード→「JACKHOT詳細記事」

スポンサーリンク

デザインの違いを見てみる

まずはKINTONE AIRとJACKHOTのデザイン性の違いを見ていきます。分かりやすい様に画像で比較してみました。

air_img10-1-1

air_img10-1-1-2

違い分かりましたか?

そうなんです。KINTONE AIRとJACKHOTは見た目の違いがほとんどありません。

KINTONE AIRの方はブラックとホワイトのカラーバリエーションになっていますが、JACKHOTはブラックのみです。ホワイトが欲しい人はKINTONE AIR一択ですね。

ブラックの方は、KINTONE AIRのロゴが入っていなければ正直どっちか分からないレベルです。

デザインがほとんど変わらないなら、性能や価格の違いで選んだほうがいいですね。

性能の違いを見てみる

まずはKINTONE AIRとJACKHOTの性能の違いを表でまとめてみましたのでご覧ください。

 KINTONE AIRJACKHOT
最高速度23km/h25km/h
走行距離30km20km
充電時間8時間2時間
耐荷重200kg125kg
重量6.3kg6.9kg
液晶モニター有り有り
ブレーキシステム足踏み式電子制御・足踏み式
LEDライト有り有り

表を見てもらうと分かる通り、KINTONE AIRの方が新しく発売されるものなので圧倒的に性能はいいですね。

JACKHOTはフロントに電子制御ブレーイシステムを搭載していますが、キックボードでフロントブレーキというのは結構バランスが崩れやすいのであまりおすすめは出来ません。

KINTONE AIRの耐荷重200kgは相当強いです。通常この様な電動系の乗り物はモーターなどの関係から耐荷重100kg前後が一般的です。200kgまでOKなのでかなりすごいです。

KINTONE AIRはこの性能でJACKHOTよりも軽量化に成功しています。

価格の違いを見てみる

 KINTONE AIRJACKHOT
本体価格(税込)98,000円108,000円
送料無料一部有料

価格を見てみるとKINTONE AIRの方が圧倒的に安いです。もうどちらを買う方が良いか、KINTONE AIRとJACKHOTどちらがおすすめか分かりますね?

しかも、KINTONE AIRは台数限定で最大1万円以上安くなるキャンペーンを実施することがあります!キャンペーン中は即売り切れるので、在庫が残っていればラッキーです!

KINTONE AIRの詳細を見る→「KINTONE AIR」

スポンサーリンク
関連キーワード
  • 2017年最新おすすめ電動キックボード特集!最新モデル性能・価格徹底比較!
  • 【2017年最新版】ミニセグウェイの正規品を購入出来るおすすめブランド!
  • icarbot(アイカ)/ コンパクトで電動4輪タイプの未来過ぎる乗り物「アイカ」
  • CHIC-Smart C1(チックスマート)/ 安心の長期保証付きバランススクーター【正規品】
  • 2017年夏のボーナスで購入!バランススクーター激安販売ショップ情報・セール情報まとめ!
  • 2017年電動乗り物種類まとめ!バランススクーター・キックボード・スケートおすすめ一覧!
大人気バランススクーター

大人気バランススクーターKINTONE(キントーン)

KINTONE各種大幅値引きで購入のチャンス!

注文殺到中なのでお早めに!

おすすめの記事
2輪タイプ
JACKHOTより高機能なカーボン製電動キックボードが登場しました! KINTONE AIRはより高機能で低価格な電動キックボードです! 分...
4輪タイプ
WALKCAR最新記事はこちらです。 ノートパソコン程のサイズで持ち運べるクルマとして話題の乗り物WalkCar。最近ミニセグウェイなどの立...
2輪タイプ
エコな電気スクーターがついにこの価格! 普通のガソリン車に比べこの電動バイクの燃費は1/10です! 電気代150円分で400kmの走行が可能...
ガジェット
3Dプリンターは企業だけでなく、個人やサークルなど一般にもニーズが広まってきています。 数年前までは数百万円した3Dプリンターが今では個人で...