近年、電子タバコやiQOSなどの体に害の少ないタバコが大人気です。普通のタバコは体に害があり、臭いやヤニなど人体以外への影響もあります。部屋や車などタバコを吸っているだけで臭いが付いてしまうのが嫌な人もいらっしゃいますよね?

 

そんなタバコに今革命が起きています!

iQOSが話題になり電子タバコが一気に喫煙者に浸透しています。iQOSは電子タバコだけどちゃんとタバコを吸ってる感があり、体への害が少なく臭いなども発生しません。

大人気のiQOSに対抗するもう一つの電子タバコがあります。それがこちらです!

↓↓↓プルームテック専用ケースはこちら↓↓↓

20160225180049

プルームテックは電子タバコでありながら、タバコの葉と組み合わせる事でニコチンも摂取出来る電子タバコです。

普通の電子タバコはニコチンの摂取が出来ないので、タバコを吸った満足感がありません。プルームテックはそんな喫煙者の希望を叶えた電子タバコです。

もちろん葉は燃やさないので体への害は少なく、臭いもほぼ発生しません。煙ももちろん出ず、口から出るのは水蒸気です。

プルームテックで未来の喫煙ライフを満喫しませんか?

 

スポンサーリンク

プルームテックとは?

プルームテックは日本たばこ産業(JT)が製造販売している日本製の電子タバコです。JTはメビウスやセブンスターなど日本を代表する銘柄を出している日本最大のタバコメーカーです。

プルームテックは安心の日本製の電子タバコなので、iQOSに次いで人気のある電子タバコです。電子タバコとタバコの葉を組み合わせたものなので、普通の電子タバコでは出来ないニコチン摂取が出来るようになっています。

普段普通のタバコを吸っている喫煙者でも電子タバコに気軽に乗り換える事が出来るので大人気です。

 

ploom-home001_1 2

たばこカプセル・カートリッジ・バッテリーからなっていて、カートリッジ内のリキッドを熱して発生した水蒸気を、たばこカプセル内の葉を通過させてニコチンと一緒に摂取するという仕組みです。

プルームテックの使い方

プルームテックを使うのに必要なものは以下のセットになります。

IMG_1809blog-1024x683

スターターキットはコンビニでも買えますが、売っていないところもあるのでネットで買う事をおすすめします。たばこカプセルはコンビニで売っています。この2つを用意すればどこでもプルームテックを楽しむ事ができます。

 

①プルームテックバッテリーを充電する。

p8

スターターキットに付いてくるプルームテックバッテリーをUSBチャージャーに刺して充電します。USBチャージャーは専用ACアダプタを使わなくても充電可能です。PCのUSBポートやモバイルバッテリーのUSBポートに差し込んでも充電出来ます。

 

②タバコカプセルとバッテリーとカートリッジを繋げる

CCF20160226_00001

充電したプルームテックバッテリーにカートリッジとタバコカプセルを繋げます。コンビニでプルームテック専用タバコを買うと、タバコカプセル5個とカートリッジ1個が入っています。

吸引している間はバッテリーの先端が青く点灯します。青く点滅するとカプセルの交換時期です。赤で点滅するとバッテリー充電のお知らせになります。

 

プルームテックはたった2ステップで準備完了です。簡単でしょ?

あとはこのまま吸うだけです。1個のタバコカプセルで約50回吸引が出来ます。50回というのは普通のタバコ4本分くらいになります。

プルームテック詳細スペック

バッテリー充電時間1時間半
バッテリー使用限度タバコ1箱分(カプセル5個分)
カプセル吸引回数1カプセル50回
カートリッジ使用回数カプセル5個分
重さ約16g

1カプセル吸引回数50回というのはタバコ4本分に相当します。1箱で5カプセル入っているのでタバコと同じく20本分という計算です。

一回の充電で1箱吸えるのはとても嬉しいですね!

フレーバーの種類

プルームテックのフレーバーは現在メビウスの3種類となっています。どれもコンビニで買え、1箱460円と普通のタバコと同じくらいです。ちなみにiQOSも1箱460円です。

メビウス・レギュラー

20160225181454

たばこ本来の味わいで、ノンメンソールのスタンダードなフレーバーです。たばこの香りを一番感じられるフレーバーとなっています。普通のたばこの5mm程度の吸い口です。

メビウス・クーラー・グリーン

20160225181454 2

メンソールタイプのフレーバーです。力強いメンソールの爽快感があり、メンソールを吸っていた方はこちらのフレーバーがおすすめです。レギュラーに比べてたばこ感は薄いです。

メビウス・クーラー・パープル

20160225181454 3

ブルーベーリーのような甘い香りのあるメンソールです。甘いたばこが好きな方や女性におすすめのフレーバーです。クーラー・グリーンほどメンソールも強くなく、爽快感と甘さのバランスが取れています。

メリット・デメリット

実際に使っていて分かったプルームテックのメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット

iQOSよりシンプルなデザインでよりおしゃれな電子タバコ。iQOSもかなりシンプルに出来ていますが、プルームテックと構造の違いもありますがプルームテックのデザイン性の方が上でしょう。

充電回数の少なさ。プルームテックは一回の充電で1箱分吸えてしまうので、一回一回充電しなくていいのはかなり楽です。

スターターキットの安さ。iQOSに比べてキットがかなり安いです。iQOSもプルームテックもバッテリーの寿命があるため数年に1度買い替えなければなりません。

1本吸い切らなくても良い。たばこやiQOSは1本ごとに吸い切らなくてはなりません。しかしプルームテックはセットしても吸っている間しか消耗しないので、1口だけ吸ったりしてもそのまましまっておけます。

デメリット

少したばこの感じが薄い。火を使わないので普通のたばこより薄いのは仕方ありません。

フレーバーが微妙。今の所フレーバーはiQOSの方が優勢ですね。これからに期待は出来ます。

プルームテックとiQOSの比較

IMG_1813blog-1-1024x683

プルームテックとiQOSを比較していきます。この2つで迷っている方も多いと思いますが、大きな違いがありますので慎重に選ぶと良いと思います。

全体的な見た目は写真の通りでプルームテックの方が少し大きいですね。しかしスマホ程度の大きさなので特に気になる人は少ないかと思います。

 

iQOSとプルームテックの一番の違いは『電子タバコ』と『加熱式』の違いです。iQOSは加熱式と言って、葉を直接加熱して発生した水蒸気とニコチンを一緒に吸引する仕組みです。

一方プルームテックは電子タバコで、リキッドと言われる香りの液体を熱して発生した水蒸気を葉を通過させて吸引します。

簡単な話し、吸った時のタバコ感が強いか弱いかの違いです。iQOSの方がタバコ感は強くなります。

 

プルームテックは一回の充電で1箱分吸えますが、iQOSは1本吸うごとに充電しなくてはなりません。これは使ってみると結構手間だったりしますね。

あとは、プルームテックは好きな時に好きな回数吸えますが、iQOSは1本セットすると1本吸い切らなくてはなりません。

 

大きな違いはこのくらいですかね?

タバコ感がより欲しい人はiQOSで、見た目のデザインで選ぶ人はプルームテックって言った感じですかね。お金に余裕のある人は両方試すのもありだと思います。

スポンサーリンク
ガジェットの関連記事
  • BALMUDA The Toaster / スチームトースター
  • Soda Stream / ソーダストリーム
  • Ploom TECH / プルーム・テック
  • iQOS [ アイコス ]
  • ZAIGLE/ザイグル
  • ECOVACS
大人気バランススクーター

大人気バランススクーターKINTONE(キントーン)

KINTONE各種大幅値引きで購入のチャンス!

注文殺到中なのでお早めに!

おすすめの記事
ガジェット
3Dプリンターは企業だけでなく、個人やサークルなど一般にもニーズが広まってきています。 数年前までは数百万円した3Dプリンターが今では個人で...
2輪タイプ
ミニセグウェイから6歳から乗れるキッズモデルが登場! 子供だって楽しみたい!子供だからこそ楽しみたい!子供用が欲しい! そんな声にお応えした...
ガジェット
次世代ホットプレートZAIGLE(ザイグル)ご存知ですか? 最近テレビや雑誌、お店でも見かけるようになりましたね! 今話題のホットプレートで...
4輪タイプ
日本初上陸の電動スケートボード。 【BACKFIRE ELECTRIC SKATE BOARD】 あのコ○ンも愛用している電動スケボーがつい...
2輪タイプ
『ナインボット』シリーズのナインボット・ワンとナインボット・エリートの中間に位置するナインボット・ミニプロが登場しました! 2輪のしっかりと...